ニュース・トピックス
HOME  
 
ニュース・トピックス一覧
 
町内一貫生産かみしほろ和牛肉販売(高育種価牛由来受精卵移植推進事業)
2007年07月31日

07073101.jpg

 平成16年度より町・農協・全農ETセンター(和牛受精卵提供)で取り組んでいる上記事業の第1号牛が出荷となり、肉質等級最高の5等級の評価を受けました。通常和牛肥育牛は出生地と肥育地が異なる事が一般的ですが、この和牛は全農ETセンターより増体・脂肪交雑(サシ)等の遺伝能力が高い雌から採卵された和牛受精卵の供給を受け、町内酪農家のホルスタインに移植・受胎させ、生まれた和牛子牛を町内和牛育成農家が育成し、その後農協肥育試験センターで肥育した町内一貫生産牛です。そこで、組合員・町民はもとより管内の和牛肉ファンに「かみしほろ和牛」を食味して頂く為、8月12日のバルーンフェスティバル会場にて午前10時から午後2時まで限定販売する事となりました。
大自然に囲まれた上士幌で生まれ、おいしい水や空気で育った安心・安全な和牛肉をご賞味下さい。


※脂肪交雑(サシ)の等級区分について
・5等級 ……かなり多いもの  BMSNO.8〜12
・4等級 ……やや多いもの   BMSNO.5〜7
・3等級 ……標準のもの    BMSNO.3〜4
・2等級 ……やや少ないもの  BMSNO.2
・1等級 ……ほとんどないもの BMSNO.1
(社団法人 全国和牛登録協会 新・和牛百科図説より)

社団法人日本食肉格付協会が上記基準により等級を決定致します。